book

one and three books

今日においてグラフィックデザインとは何を名指しているのだろうか。いつの時代においても,デザイナーたちは彼らの生きる社会状況を反映しながら,図按,商業美術,報道技術,宣伝美術,アートディレクション,ヴィジュアルコミュニケーション,エディトリアルデザイン,クリエイティブディレクションなどと様々な呼称を伴いつつ,幾度となく自らの職能領域を再定義してきた。その絶えざる更新作業においては,常に新しいデザイナー像,マニフェスト,デザイン理論そして活動のモデルなどが追い求められてきた。世の中に向けて新たな才能の登場を示すための「新人賞」というデザイン界の制度もまた,この「新しさ」の創出に対する人々の希求の現れであろう。¶本書において,その主人公となるのは,2013年にJAGDA(公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会)新人賞を受賞した田中義久平野篤史宮田裕美詠の3人のデザイナーである。奇しくも彼らの日々の実践におけるグラフィックデザインのあり方は,アートとデザインの双方から社会経済にコミットする者,会社に属しながら商業的な仕事と個人の制作活動とを両立している者,地方を拠点にクライアントとの深い関係性を獲得しながらデザインする者など三者三様だ。彼らはそれぞれに別々の環境で生まれ育ち,単なる偶然から21世紀初頭の同じ年に新人に選ばれることになった。たとえ,その共通項が偶然の産物にすぎないとしても,彼らが同じ時代背景のもとで生きてきたことは確かな事実である。その3人の若いデザイナーたちのありのままの姿に焦点をあてることによって,今という時代を映し込んだ「グラフィックデザイン」の再定義へと向かう,ささやかな問いを投げかけること。そのひとつの試みとして,本書は以下の構成を採用している。¶第1章は,「グラフィックデザイナーとは何か」という問いから出発し,現代を生きる1人の「個」としてのデザイナーの肖像を掘り下げる。続く第2章では,「媒介者としてのあり方」をテーマに,何か「と」何か,誰か「と」誰かの間をつなぎ,そこに関係性を構築していく媒介者としてのデザイナー像に焦点を当てる。そして,第3章では,3人以上という構成単位,すなわち広い意味での「社会」と向き合うことについて,3人が共同で考えるためのエクササイズを試みている。本書の読者は,その一連のページを読み進めるなかで,彼らがこれまで歩んできた道のり,日頃から付き合いの深い友人や先輩やクライアントとの親密な対話,そして実際の制作過程における共同作業者との関係性について,彼らとともに振り返ることになるであろう。この3人のグラフィックデザイナーたちの物語は,彼らの話であると同時に,あなたの話でもあり,そして私たちの話でもあるのだ。

第1章「グラフィックデザイナーとは何か」

  • 「グラフィックデザイナーとは何か」という問いから出発し,現代を生きる1人の「個」としてのデザイナーの肖像を掘り下げます。

第2章「媒介者としてのあり方」

  • 「媒介者としてのあり方」をテーマに,何か「と」何か,誰か「と」誰かの間をつなぎ,そこに関係性を構築していく媒介者としてのデザイナー像 に焦点を当てます。

第3章「共同作業のエクササイズ」

  • 第3部では,3人以上という構成単位,すなわち広い意味での「社会」と向き合うことについて,3人が共同で考えるためのエクササイズを試みています。

附録

  • 附録では,JAGDA会長浅葉克己氏の寄稿,第1回目のJAGDA新人賞の受賞者葛西薫氏へのインタビューも収録,両氏の文章を通して「新しさはいかに世界に登場するか」というテーマを検証します。
第1章「グラフィックデザイナーとは何か」
田中義久平野篤史宮田裕美詠
第2章「媒介者としてのあり方」
中島佑介田中義久宮田識平野篤史熊倉桂三宮田裕美詠
第3章「共同のエクササイズ」
書物のデザイン/展示空間のデザイン/告知物のデザイン
附録
寄稿
浅葉克己(JAGDA会長)
インタビュー
葛西薫(第1回目のJAGDA新人賞を受賞)
広告
広告主による,グラフィックデザインをテーマにした文章のみで構成した実験的な広告

プロフィール:

対談者略歴:

POST,全国ブックショップ,ミュージアムショップにて販売中

特設サイト
http://oneandthreebooks.com/

本に関する問い合わせ先

POST/株式会社 limArt
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3 1F
TEL :
03-3713-8670
E-mail :
mail@limart.net
Web :
http://post-books.info/
special edition

特装版(限定50部)

サイズ
A5変形 袋綴じ製本(箱入り)
モノクロ206ページ+付録16ページ+栞
カラー図版,オリジナル制作物約30点同封
定価
6,500円+税
発行日
2013年6月中旬
企画
田中義久・平野篤史・宮田裕美詠
発行人
中島佑介
編集者
古賀稔章
デザイン
田中義久
協力
株式会社竹尾/八紘美術
後援
公益社団法人
日本グラフィックデザイナー協会
発行
limart